稲荷神社

(下鈴木稲荷)

東京都小平市鈴木町1丁目510番地

稲荷神社(下鈴木稲荷)について

小平市には稲荷神社が3社あります。小平市上水本町の稲荷神社を上鈴木稲荷、上水南町の稲荷神社を堀端稲荷、鈴木町の稲荷神社を下鈴木稲荷と呼んでいます。

鎮座地
東京都小平市鈴木町1-510
御祭神
倉稲魂命(うがのみたまのみこと)
由緒
武州多摩群貫井村(現 小金井市)に鎮座していた稲荷神社を、 鈴木新田(現 鈴木町、花小金井南町、御幸町)の鎮守として勧請し、 享保9(1724)年9月22日に遷祀奉斎しました。 明治6(1873)年に村社に列せられました。 社殿は昭和36年に屋根の葺替、昭和40年に改修工事をおこないました。
本殿
白壁の土蔵づくりの覆屋に覆われています。 明治初期に田無村の左官職、新倉安左衛門によって漆喰で立体的に表現した鏝絵で両面に象、南北の二面には狐の親子が描かれています。 本殿覆屋の鏝絵は、小平市有形文化財に指定されてます。
本殿の鏝絵・象
金刀比羅社(境内社)
金刀比羅社は、柱から梁に至るまで全面に中国の故事の情景などの彫刻がほどこされています。 天保4(1833)年に彫刻師小川義長が彫ったものと思われます。 金刀比羅社の彫刻装飾は、小平市有形文化財に指定されてます。
例祭日
9月22日

参道入口の両脇の欅の2本は、平成30年に小平市天然記念物に指定されました。

初詣のご案内

平成30年の初詣のご案内

平成29年12月31日午後10時~平成30年1月1日午前2時ごろまで 鈴木稲荷睦会青年部による出店があります。

平成30年1月1日午前8時から正午まで 鈴木稲荷睦会青年会による出店があります。

天候などで変更になることがあります。

お祭りのご案内

平成30年神輿渡御

9月9日(日)
午前9時00分:神輿・太鼓 神社を出発
午後3時40分:神輿・太鼓 神社に到着

平成30年巡行図PDF

平成29年例祭(宵宮)

9月17日は台風のため中止とします。(9月14日の会議で決定しました。)

平成29年9月17日(日)正午より午後8時まで宵宮をおこないます。

境内では舞台催物(鈴木ばやし等)、参道では模擬店がございます。

是非とも、稲荷神社に参拝を頂き、楽しいひと時をお過ごし下さいますよう御案内申し上げます。

境内催物
よさこい(八小・九小・鈴木小)、子供フラダンス(八小)、大人フラダンス、鈴木ばやし、東久留米和太鼓(翔羽)、子供神輿
出店内容
焼きそば、焼だんご、生ビール・飲み物、ヨーヨーなど、焼鳥、牛串・チョコ・リンゴ飴、ソース煎餅、お好み焼き、駄菓子、餃子、カキ氷・フランクフルト・玉こんにゃく、パン工房、輪投げゲーム、など